函館 本線 運行 状況。 函館本線 運行状況に関する今日・現在・リアルタイム最新情報|ナウティス

状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

☭ - は同一地点にが存在した。 (平成10年)• :茶志内駅を新設。 11月:小樽駅 - 旭川駅間の電化着工を決定。

状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

♨ :北海道鉄道(初代)の本郷駅 - 宿野辺 - 森駅間、山道駅 - 然別駅間および蘭島駅 - 小樽中央駅(現在の小樽駅)間が延伸開業。 なお、 - は付近に 豊沼信号場(初代、1922年3月31日までは信号所)が存在した。

10
状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

😎 沿線は時折市街地を挟みながら田園風景が続き、車窓の変化は少ない。 同区間に函館(初代) ・桔梗 ・七飯 ・本郷 ・然別 ・仁木 ・余市 ・蘭島 の各駅を新設。

18
状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

🤐 (明治22年)• 3月20日:森駅 - 石倉駅間に石谷信号場が開設。

19
状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

💓 (平成29年)• 函館駅 - 旭川駅が官設線になる。 :仁山信号場 - 軍川駅間に小沼信号場が開設。 4月1日:JR貨物が函館駅 - 五稜郭駅間 3. :大沼駅(初代)を軍川駅に、大沼公園駅を大沼駅(2代)にそれぞれ改称。

状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

❤️ 札幌駅 - 旭川駅間では快速運転を行っておらず、すべての普通列車が各駅に停車する。 :熊の湯信号場 - 軍川駅間が複線化。

14
状況 運行 函館 本線 状況 運行 函館 本線

🐲 1880年11月28日 - は 簡易停車場(フラグ・ステーション)。