ご 遠慮 いただい て おり ます。 「いただいております」の使い方・正しい敬語なのか|二重敬語

遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

🤞 「ご遠慮いただければと存じます」「ご遠慮いただきたく存じます」 「ご遠慮いただければと存じます」「ご遠慮いただきたく存じます」は、「 ご遠慮してもらえたらと思います」「 ご遠慮してもらいたいと思います」という意味合いで使用される言い回しです。

15
遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

😈 2 は「ご遠慮ください」よりは「お控えください」のほうが無難では……という趣旨です。

6
遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

🤟 今後も感染対策には充分留意しセンターの運営を行ってまいります。

4
遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

😭 ・「せっかくのお誘いですが、ご辞退申し上げます。

18
遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

😊 さらに二重敬語でも「お伺いする」や「お召し上がりになる」などは、定着しているため、使ってもよいと言われています。 *浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」 2 ( 1 から転じて) 1 のため寄進を募ること。

3
遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

💕 」 ・「その日は、あいにく別件が入っておりますので、お受け致しかねます。 もともと「自転車放置禁止区域」なので、ストレートに「駐輪禁止」で十分です。

12
遠慮 おり ます いただい て ご 遠慮 おり ます いただい て ご

🤟 冒頭でも触れましたが、最近は特に「させていただいております」が頻繁に使われるようになったため、「させていただく症候群」という言葉さえあります。

13