大政 奉還。 大政奉還

奉還 大政 奉還 大政

💅 2、大政奉還の背景は、平和的に新時代を迎えたかった人達の、考えの結晶だった。 後藤は在京土佐藩幹部である、、らに大政奉還論の採用を主張した。

奉還 大政 奉還 大政

😒。

18
奉還 大政 奉還 大政

📞 経過 [ ] 公武合体と大政奉還 [ ] 幕末、主に開国・通商条約締結問題を巡り国論が分裂すると、それは幕府・朝廷間の意見の不一致という形で表面化した。 しかし、長い間朝廷は異人嫌いでありながら、特に外国との交渉に携わったことはなく、定期的に雄藩と幕府の話し合いを設けるとしつつ、当分の政務と外交は慶喜に引き継がせます。 薩摩藩などの討幕派は、旧幕府勢力が温存されたまま新政権ができることを恐れ、大政奉還直後からひそかに、土佐藩等5藩を集めて兵を率いて上京しておりました。

奉還 大政 奉還 大政

🤛 この話はとくに有名ですね。 大政奉還の案は坂本龍馬自身が考えたものではなく、幕臣であった勝海舟や大久保一翁の考えであって、土佐藩を介して案を慶喜に出した。 大政奉還と言うのは将軍が朝廷に申し出て、天皇が承認してはじめて大政奉還になります。

3
奉還 大政 奉還 大政

⚓ ですが、この大政奉還という考えを思いついたのは別の人物で、坂本龍馬でした。 「天皇が攘夷を望んでいるのに幕府はなにやってんのさ、幕府倒しちゃおうぜ!」と長州藩を中心とした尊攘過激派の志士達は上洛。

17
奉還 大政 奉還 大政

😄 慶喜がナンバー2として雄藩連合をつくるシナリオを阻止しようとしたのです。 頼りになるのは、京都守護職松平容保率いる会津藩の軍勢しかありません。

1
奉還 大政 奉還 大政

👣 しかし、慶喜はそれを逆手に取ろうと考えます。 金と銀の交換比率が日本は1:5で外国では1:15でした。 こうして天皇を擁立する薩長派の新政府軍と、あくまでも徳川家により国作りを目指した旧幕府軍とで、鳥羽伏見の戦いの幕が開き、明治維新へと向かっていくのです。

奉還 大政 奉還 大政

⌛ 見通しの通り、朝廷からは上表の勅許にあわせて、国是決定のための諸侯会同召集までとの条件付ながら緊急政務の処理が引き続き慶喜に委任され、将軍職も暫時従来通りとされた。

2
奉還 大政 奉還 大政

⚑ そのため金が国外に流出しました。