花 より 男子 2 次 小説。 新たな道へ 15

次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

😃 そこには、 「さようなら」とだけ書かれていた。 でも、目元や、顔の雰囲気は、どことなく見覚えがあった。

11
次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

🐾 そんな総二郎にむかって、あのふたりは、 「これから、おまえはどうするつもりだ」 そう、問うてきた。 あのふたりは。 。

次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

☏ 「仕事で、1日だけ来れることになったんだ」 「何で連絡してくれないのよ!」 思わずきっと睨みつけながら言うと、司はむっとしたように顔を顰めた。 「何?彼、類の知り合い??」 あきらが類に尋ねた。 司は相変わらず忙しいようで最近はまた電話で会話する回数も減ってきていた。

7
次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

😃。

12
次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

🙏。 「梓の付き合ってる人って、あなたの事ですか??」 「えっ〜、ちょっと今までとだいぶタイプが違くない??」 「意外なんだけど〜」 勝手に話始める3人に、今、紹介するから黙って、と、なだめる梓。 「うん。

17
次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

👉 友達だったら、何も言わない。

10
次 花 より 男子 小説 2 次 花 より 男子 小説 2

☎ 何もしていないはずだ。 。 その頃から、道明寺からの連絡が途絶えがちになり始めた。

13