花瓶 に 触れ た 歌詞。 【ニコラップ】花瓶に触れた 【オンレイ】の歌詞: 輝夜の趣味庫

た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

💢 曲の全体的なまとめですが、マイナスな心情からプラスの心情にだんだんと主人公の気持ちが変化していく様子が分かりますね。

た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

🖐 「汚れた靴を見ないで」と書いていますが靴は雨で汚れたものだと考えます。 ごめん… あまりにも痛々しくはしたくないけど、あまりにも軽傷なのは違う そんな甘いもんじゃねえ し、分からなくなって、傷の具合をももさんにも確認してもらったりした。 試聽 在 KKBOX 中開啟 花瓶に触れた 作詞:バルーン 作曲:バルーン 深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 落ちた玩具 足で転がした きっとゴミの日に消えるだろう 明日は大事な日にしたいから 家に帰り眠りにつくよ 君の頬に残る 恋の色 気付かないふりを続けてる 堂々巡りの会話 終わらない様に靴を履いて 曖昧な距離は今日だって ぼやけて変わらないし 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで ドアを塞いで また隠し事 別にいいさ 知りたくもない 確かに塗り替えた 爪の色 気付かないふりを続けてる 柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)の君に 焦らないように下を向いて 心配なのは今だって 言葉は途切れたまま 比べたいと思った 違(たが)いの想いを全部 その願望は間近に 浮かんで消えた 飾らないでそんな 酷く声は潤んで わからないかなあ ぽつり 今日が終わるようだ 同じようで 違う今日だ こんな関係続けるのは 馬鹿馬鹿しい でも 伝えたい想いが言えずに時間が経った また歯痒い温度が募るけれど ただいまって言って 汚れた靴を見ないで いつも通りなら 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで. はじめまして。

1
た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

🐝 汚れた靴を見ないで主人公はどこを見ていたのでしょう?答えは彼女の顔を見ていたと考察します。 こんな関係続けるのは馬鹿馬鹿しいと気づいた主人公。 深夜三時半 しんやさんじはんを 回 まわって 空 そらが 傾 かたむき 始 はじめた 頃 ころ 落 おちた 玩具 おもちゃ 足 あしで 転 ころがした きっとゴミの 日 ひに 消 きえるだろう 明日 あすは 大事 だいじな 日 ひにしたいから 家 いえに 帰 かえり 眠 ねむりにつくよ 君 きみの 頬 ほほに 残 のこる 恋 こいの 色 いろ 気付 きづかないふりを 続 つづけてる 堂々巡 どうどうめぐりの 会話 かいわ 終 おわらない 様 ように 靴 くつを 履 はいて 曖昧 あいまいな 距離 きょりは 今日 きょうだって ぼやけて 変 かわらないし 帰 かえりたいと 思 おもった 君 きみは 手 てを 握 にぎった その 振動 しんどうは 確 たしかに 花瓶 かびんに 触 ふれた 笑 わらえない 話 はなしは 出来 できればしたくないんだ いつも 通 どおりなら ここで ドアを 塞 ふさいで また 隠 かくし 事 ごと 別 べつにいいさ 知 しりたくもない 確 たしかに 塗 ぬり 替 かえた 爪 つめの 色 いろ 気付 きづかないふりを 続 つづけてる 柳眉倒豎 りゅうびとうじゅの 君 きみに 焦 あせらないように 下 したを 向 むいて 心配 しんぱいなのは 今 いまだって 言葉 ことばは 途切 とぎれたまま 比 くらべたいと 思 おもった 違 たがいの 想 おもいを 全部 ぜんぶ その 願望 がんぼうは 間近 まぢかに 浮 うかんで 消 きえた 飾 かざらないでそんな 酷 ひどく 声 こえは 潤 うるんで わからないかなあ ぽつり 今日 きょうが 終 おわるようだ 同 おなじようで 違 ちがう 今日 きょうだ こんな 関係続 かんけいつづけるのは 馬鹿馬鹿 ばかばかしい でも 伝 つたえたい 想 おもいが 言 いえずに 時間 じかんが 経 たった また 歯痒 はがゆい 温度 おんどが 募 つのるけれど ただいまって 言 いって 汚 よごれた 靴 くつを 見 みないで いつも 通 どおりなら 帰 かえりたいと 思 おもった 君 きみは 手 てを 握 にぎった その 振動 しんどうは 確 たしかに 花瓶 かびんに 触 ふれた 笑 わらえない 話 はなしは 出来 できればしたくないんだ いつも 通 どおりなら ここで 深夜三時半 shinyasanjihan を wo 回 mawa って tte 空 sora が ga 傾 katamu き ki 始 haji めた meta 頃 koro 落 o ちた chita 玩具 omocha 足 ashi で de 転 koro がした gashita きっと kitto ゴミ gomi の no 日 hi に ni 消 ki えるだろう erudarou 明日 asu は ha 大事 daiji な na 日 hi にしたいから nishitaikara 家 ie に ni 帰 kae り ri 眠 nemu りにつくよ rinitsukuyo 君 kimi の no 頬 hoho に ni 残 noko る ru 恋 koi の no 色 iro 気付 kidu かないふりを kanaifuriwo 続 tsudu けてる keteru 堂々巡 doudoumegu りの rino 会話 kaiwa 終 o わらない waranai 様 you に ni 靴 kutsu を wo 履 ha いて ite 曖昧 aimai な na 距離 kyori は ha 今日 kyou だって datte ぼやけて boyakete 変 ka わらないし waranaishi 帰 kae りたいと ritaito 思 omo った tta 君 kimi は ha 手 te を wo 握 nigi った tta その sono 振動 shindou は ha 確 tashi かに kani 花瓶 kabin に ni 触 fu れた reta 笑 wara えない enai 話 hana しは shiha 出来 deki ればしたくないんだ rebashitakunainda いつも itsumo 通 doo りなら rinara ここで kokode ドア doa を wo 塞 fusa いで ide また mata 隠 kaku し shi 事 goto 別 betsu にいいさ niiisa 知 shi りたくもない ritakumonai 確 tashi かに kani 塗 nu り ri 替 ka えた eta 爪 tsume の no 色 iro 気付 kidu かないふりを kanaifuriwo 続 tsudu けてる keteru 柳眉倒豎 ryuubitouju の no 君 kimi に ni 焦 ase らないように ranaiyouni 下 shita を wo 向 mu いて ite 心配 shinpai なのは nanoha 今 ima だって datte 言葉 kotoba は ha 途切 togi れたまま retamama 比 kura べたいと betaito 思 omo った tta 違 taga いの ino 想 omo いを iwo 全部 zenbu その sono 願望 ganbou は ha 間近 majika に ni 浮 u かんで kande 消 ki えた eta 飾 kaza らないでそんな ranaidesonna 酷 hido く ku 声 koe は ha 潤 uru んで nde わからないかなあ wakaranaikanaa ぽつり potsuri 今日 kyou が ga 終 o わるようだ waruyouda 同 ona じようで jiyoude 違 chiga う u 今日 kyou だ da こんな konna 関係続 kankeitsudu けるのは kerunoha 馬鹿馬鹿 bakabaka しい shii でも demo 伝 tsuta えたい etai 想 omo いが iga 言 i えずに ezuni 時間 jikan が ga 経 ta った tta また mata 歯痒 hagayu い i 温度 ondo が ga 募 tsuno るけれど rukeredo ただいまって tadaimatte 言 i って tte 汚 yogo れた reta 靴 kutsu を wo 見 mi ないで naide いつも itsumo 通 doo りなら rinara 帰 kae りたいと ritaito 思 omo った tta 君 kimi は ha 手 te を wo 握 nigi った tta その sono 振動 shindou は ha 確 tashi かに kani 花瓶 kabin に ni 触 fu れた reta 笑 wara えない enai 話 hana しは shiha 出来 deki ればしたくないんだ rebashitakunainda いつも itsumo 通 doo りなら rinara ここで kokode. 深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 落ちた玩具 足で転がした きっとゴミの日に消えるだろう 明日は大事な日にしたいから 家に帰り眠りにつくよ 君の頬に残る 恋の色 気付かないふりを続けてる 堂々巡りの会話 終わらない様に靴を履いて 曖昧な距離は今日だって ぼやけて変わらないし 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで ドアを塞いで また隠し事 別にいいさ 知りたくもない 確かに塗り替えた 爪の色 気付かないふりを続けてる 柳眉倒豎の君に 焦らないように下を向いて 心配なのは今だって 言葉は途切れたまま 比べたいと思った 違いの想いを全部 その願望は間近に 浮かんで消えた 飾らないでそんな 酷く声は潤んで わからないかなあ ぽつり 今日が終わるようだ 同じようで 違う今日だ こんな関係続けるのは 馬鹿馬鹿しい でも 伝えたい想いが言えずに時間が経った また歯痒い温度が募るけれど ただいまって言って 汚れた靴を見ないで いつも通りなら 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで. 言葉は途切れたまま。

11
た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

♥ ぽつり 今日が終わるようだ 同じようで 違う今日だ こんな関係続けるのは 馬鹿馬鹿しい でも伝えたい想いが言えずに時間が経ったまた歯痒い温度が募るけれど ただいまって言って 汚れた靴を見ないでいつも通りなら ぽつり。 それを言えないまま日にちだけが過ぎていっているようです。 その恋の色が自分に向けられているものか、その恋の色を気にするほどでもない関係であれば見て見ぬふりをする必要はないでしょう。

た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

🤚 深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 落ちた玩具 足で転がした きっとゴミの日に消えるだろう 明日は大事な日にしたいから 家に帰り眠りにつくよ 君の頬に残る恋の色 気付かないふりを続けてる 堂々巡りの会話 終わらない様に靴を履いて 曖昧な距離は今日だって ぼやけて変わらないし 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに花瓶に触れた 笑えない話しは出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで ドアを塞いでまた隠し事 別にいいさ 知りたくもない 確かに塗り替えた爪の色 気付かないふりを続けてる 柳眉倒豎の君に 焦らないように下を向いて 心配なのは今だって 言葉は途切れたまま 比べたいと思った 違いの想いを全部 その願望は間近に浮かんで消えた 飾らないでそんな 酷く声は潤んで わからないかなあ ぽつり今日が終わるようだ 同じようで違う今日だ こんな関係続けるのは馬鹿馬鹿しい でも 伝えたい想いが言えずに時間が経った また歯痒い温度が募るけれど ただいまって言って 汚れた靴を見ないで いつも通りなら 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに花瓶に触れた 笑えない話しは出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで. 花瓶に触れたの歌詞の美しさを知った ……。 「君」と一緒に出かけたものの「君」が向ける恋心の先が自分でなくなったことを知っているため、心ここにあらずで楽しむことが出来ずに「帰りたい」と思います。 ?」 そんな事は聞けずにいた 嗚呼 実際気に障るような義理も無いのに 僕はどうしてむかついてんだろ わかんないけど背を向けてる わかんないように背を向けた 愛してないと言い切れるから イヤホンで聴いたミスチルの『LOVE』 初めて胸に沁みた 帰りたいと思った 僕は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで 真夜中の外は悪魔が棲んで 迷いなく心を売った (yay)夕食はスーパーの惣菜で 早く部屋に帰りたかった 物欲しそうに見つめるデザート 僕も実は今そんな眼で 映画も音楽も甘いものも もう僕を満たしてはくれない 机に置かれたレンタルビデオ 当日一つは見てないまんま 口実にしたホラーサスペンス 被害者たちが僕を呪ってる 求めるものは恥ずかしくて 先週二人して失敗したから 青春モノはやめよう 先にされたら始めづらいね セミダブルが揺れた日の 言葉に出来ないあのときめきと 下腹部に滲んだ背徳と 花瓶の中乾いたサヨナラと 這うように滴る 花からこぼれ落ちる水よ 僕ももう直ぐ同じように 嗚呼部屋の床がびちゃびちゃ 蕩けるように広がる 花から零れ落ちる水よ 僕ももう直ぐ同じように 嗚呼奥の方まで染みたなら 水を飲み干し乾いた花瓶の中 そこから見える変わらぬ君 僕と良く似た知らない顔 馬鹿馬鹿しい 伝えたい想いが 言えずに時間が経った また歯痒い温度が 募るけれど ただいまって言って 汚れた靴を見ないで いつも通りなら ここで セミダブルが揺れた日の 言葉に出来ないあのときめきと 下腹部に滲んだ背徳と 花瓶の中でかわいたまたねと ここで さよなら. …続きを読む 自分も似た解釈で、「君の頬に残る 恋の色 気付かないふりを続けてる」 ってところも浮気相手とのデートから自分のデートに来た、同居してる家に帰ってきたとかじゃないですかねでも「笑えない話しは 出来ればしたくないんだ 」「比べたいと思った 違(たが)いの想いを全部 その願望は間近に 浮かんで消えた 「伝えたい想いが言えずに時間が経った 」ってところからこんな関係なのはおかしいでも愛しているから浮気してるのを認めたくないってかんじでしょうかそして、最後に花瓶にふれた についてですが曲の花瓶に入ってる花がホウセンカで花言葉が「短気、私に触れないで」で、花瓶は正直さっぱりわからないのですが感情の外側?にふれたみたいな感じかもっておもいました. ボカロ曲の「花瓶に触れた」の歌詞について皆さんの解釈を教えて下さい。

7
た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

🤭 悩みがあるから寝れないなんてことは皆さんもあるでしょう。 思いを伝えることの大切さに気づいた主人公のとった行動とは!? 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで 一見歌詞が一番と変わっていないようにも思えますが、一個前の考察をしているおかげか、1番よりも主人公の前向きさと勢いを感じますね。

15
た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

👉 中々恋愛がうまくいって無い様子が伺えますね。 花瓶に触れた全体的なまとめ。

2
た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

👇 そんな自分の心情は知らず「君」は手を握ってきます。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 役者人狼こと【役者が全力で演じる人狼ゲーム】のEDで聴き惚れ込んだオンレイ様のアレンジした花瓶に触れたの歌詞です。

た 触れ 歌詞 に 花瓶 た 触れ 歌詞 に 花瓶

🎇 から雨が降っている様子が情景に浮かびます。 しかしそんな思いを抱えながらも言うことができず、わだかまりを抱えたまま時間だけが過ぎていきます。 そして言わなければと思いながらも言えず、積み重なっていく本心に触れられたくないと今日も変わらない日々を過ごすのです。

13