インフルエンザ 特措法。 新型インフルエンザ等対策特別措置法

特措法 インフルエンザ 特措法 インフルエンザ

😄 ちなみに、ロックダウンを行っていないという国は日本だけではないので、強制措置をしないことが特異というわけでもありません。 。 本年2月18日、政府は、新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令(案)の概要(以下「施行令案」という。

19
特措法 インフルエンザ 特措法 インフルエンザ

😉 補償の範囲が狭い• (政府対策本部長の権限) 第二十条 政府対策本部長は、新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に実施するため必要があると認めるときは、基本的対処方針に基づき、指定行政機関の長及び指定地方行政機関の長並びに前条の規定により権限を委任された当該指定行政機関の職員及び当該指定地方行政機関の職員、都道府県の知事その他の執行機関(以下「都道府県知事等」という。 )、第42条、第43条、第45条 (第4号から第6号までに係る部分に限る。

15
特措法 インフルエンザ 特措法 インフルエンザ

🤑 )若しくは第34条の4第1項の規定による委託を受けず、若しくは同法第16条第2項の同意をしないとき、又は当該特定病院等の管理者の所在が不明であるため同項若しくは同法第34条の4第1項の規定による委託をできず、若しくは同法第16条第2項の同意を求めることができないときは、同項又は同法第34条の4第1項の規定にかかわらず、同法第16条第2項若しくは第34条の4第1項の規定による委託をせず、又は同法第16条第2項の同意を得ないで、当該特定病院等を使用することができる。

11
特措法 インフルエンザ 特措法 インフルエンザ

☣ における新型インフルエンザ等の発生及びまん延の状況並びに我が国における検疫所の設備の状況、検疫法 昭和二十六年法律第二百一号 第十四条第一項第二号に掲げる措置 第五項及び次条第一項において「停留」という。 )及び第72条の規定並びに次条、附則第3条第2項、第4条、第6条第2項及び第3項、第13条、第14条 (地方公務員等共済組合法 (昭和37年法律第152号)第141条の2の次に二条を加える改正規定中第141条の4に係る部分に限る。

10
特措法 インフルエンザ 特措法 インフルエンザ

🤚 また要請や指示による医療等を行う医療関係者に対して、実費を弁償しなければならない(62条)。 )若しくは第三十四条の四第一項の規定による委託を受けず、若しくは同法第十六条第二項の同意をしないとき、又は当該特定病院等の管理者の所在が不明であるため同項若しくは同法第三十四条の四第一項の規定による委託をできず、若しくは同法第十六条第二項の同意を求めることができないときは、同項又は同法第三十四条の四第一項の規定にかかわらず、同法第十六条第二項若しくは第三十四条の四第一項の規定による委託をせず、又は同法第十六条第二項の同意を得ないで、当該特定病院等を使用することができる。 3 施設管理者等が正当な理由がないのに前項の規定による要請に応じないときは、特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため特に必要があると認めるときに限り、当該施設管理者等に対し、当該要請に係る措置を講ずべきことを指示することができる。

11
特措法 インフルエンザ 特措法 インフルエンザ

🙄 この場合において、政府対策本部長は、必要があると認めるときは、所要の総合調整を行わなければならない。

5